紫外線アレルギーとは

[紫外線アレルギー]
紫外線アレルギーとは、太陽光(紫外線)を過剰に反応してしまう症状で、紫外線を浴びることで肌にトラブルが起きてしまう症状なのです。
日光アレルギー、日光性皮膚炎、日光性過敏症などとも呼ばれております。症状が悪化してしまうと蕁麻疹や水ぶくれになってしまうだけではなく、頭痛や吐きけなど日常生活にも支障をきたしてしまう様なトラブルにもなってしまうことがありますので、異変を感じたときは早めの対処が必要です。

「紫外線アレルギーの症状」

紫外線を浴びたときに、紫外線が当たった部分だけ症状が出るのが特徴です。
・皮膚の炎症
・皮膚の腫れや水ぶくれ
・皮膚の湿疹や蕁麻疹
・皮膚が赤くなる
・皮膚がかゆくなる
皮膚のだけではなく体調や眼の影響
・頭痛や、発熱、吐き気。
・眼の腫れや充血、かゆみ。
・眼になにかはいっているような異物感
・涙がでる。
などの症状あるようです。

「紫外線アレルギーの原因とメカニズム」

地球に届く太陽光線は大きく分けて3つに分けることができます。
1、赤外線、暖かさや暑さを感じることができます。
2、可視光線、眼に見えるものです。
3、紫外線とは、眼に見えないものです。この中で紫外線は、強いエネルギーを持っていて、物質を化学変化させてしまうのです。

紫外線は波長の長さの違いによりUV-A、UV-B、UV-Cとあります。その中で地球に届いているのはUV-A、UV-Bなのです。

・UV-Aは長時間浴びると様々な健康被害の原因になります。

・UV-BはAよりも強く、皮膚や眼に有害なのです。日焼けや皮膚がん、白内障の原因にもなります。

日焼け止めに書いてある、SPFとPAは、上記の紫外線をどれだけ防ぐかの数値となります。

・SPF: UV-Bを防ぐ効果を表しております。数値が大きいとUV-Bを防ぐ力が強いのです。

・PA: UV-Aを防ぐ効果を表しております。+の数が多いほどUV-Aを防ぐ力が強いのです。

SPF・PAがとても強くても、UV-A、UV-Bを完全に防ぐことは出来ないのです。紫外線アレルギーは日焼けで毛で出るものではなく、外因性、内因性があるのです。

「外因性のアレルギー」

日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤が合わないときや、抗生剤など普段服用している薬や、湿布などが紫外線に反応したり、化粧品が反応して、紫外線アレルギーが起きる事があるのです。

SPFの数字が高く、PAの+が多いのは、日焼け止めとしては、紫外線を防いでくれますが、皮膚への刺激が強いのでアレルギー性皮膚炎になる可能性があるのです。

日焼け止めクリームの成分には、紫外線吸収剤、紫外線散乱剤のは2種類あるのです。

特に紫外線吸収剤を使っている日焼け止めは、紫外線を皮膚まで到達させない効果は高いので、皮膚への刺激と負荷が多いのです。
肌の弱い人は、紫外線吸収剤を使用していない物を選ぶ際は、
・紫外線吸収剤不使用
・赤ちゃんにも使える日焼け止め
・ノンケミカル
と表示してあるものが良いそうです。
その様な物は、SPF、PAが低いので、ムラなくこまめに塗り直す様にした方が良いそうです。

化粧品が紫外線と反応してしまう事もあります。普段使用している化粧品が紫外線吸収剤と化学反応起し皮膚障害を起こしてしまう事があります。
紫外線カットには、日傘や帽子、サングラス、長袖の服などの紫外線を防止するには有効な手段です。

「内因性アレルギー」

アレルギー体質、先天性疾患、代謝障害、遺伝子異常、免疫システムの異常、ビタミン、ミネラル不足、食事が不規則、ストレス、冷え性、病気など体内の異常にも関係してくるのです。
紫外線を浴び続けて抗体の限界を超えてしまい、突然アレルギー反応が出てしまうことがあります。そのため昨日まで異常がなく平気だったのに、紫外線を浴びたときに、突然皮膚に異常が起きて、紫外線アレルギー発症してしまうことがあるのです。

「まとめ」

一度、紫外線アレルギーを発症してしまうと完治が難しいとさてれおります。紫外線アレルギーを調べるには病院で光線過敏テストで知ることができるのです。気になる方は、一度、医師に相談された方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です