私が聞いて納得した目と紫外線の納得話

今回のテーマは日焼け、日焼け止め、紫外線対策です。お肌の日焼けももちろん気になるところではありますが、私が最近気にしているのが目の日焼けについてです。
目の日焼けというと目が日焼けして白目が黒くなるということを想像する方がいると思いますが、そうではありません。

 
目が、紫外線の影響によってダメージを受けるということです。
目が紫外線を受けることによってダメージを受けた場合、急性や慢性の目の病気になったり、目以外のところが日焼けをしたりします。
ここでは、目の紫外線対策などについて、少し触れてみたいと思います。

【黒いサングラスは目に良くない】

私が目の日焼けに興味を持ったのは、例えば「あぶない刑事」の主人公、タカとユージがかけているような真っ黒なサングラスが実は目に良くないという話を聞いたことからです。
最近のサングラスはほとんどがUVカットになっています。

 

それでは、色の濃いサングラスと色の薄いサングラスで、例えば両方ともUVカット率90%だったとします。どちらのサングラスが紫外線をたくさん通すでしょうか。色の濃いサングラスの方が光が入りにくいので紫外線もあまり入らないのでしょうか。答えは、両方ともUVカット率90%なので、紫外線を通す量については両方とも10%で同じです。

 
ただし、色の濃いサングラスは光が入りにくいので瞳孔が開き、サングラスを通ってきた紫外線を取り込む面積が大きくなります。
これが、真っ黒なサングラスが実は目に良くないということの理由です。

 
私は、この話を聞いたときに、すごく納得したことを覚えています。
そして、サングラスを購入するときには、少し薄い色のものを選ぶようになりました。

 
薄い色のサングラスは、夜の対向車のヘッドライトの光も軽減してくれるので、いいかもしれませんよ。

【目が紫外線を受けると肌が日焼けする】

もう一つ、私が聞いて、へえーそうなんだと納得した話があります。
それは、目が紫外線の影響を受けただけで、肌が日焼けをするという話です。

 
目が紫外線を感知すると、危険です!という情報が脳に伝わります。
その情報が伝わると、肌を守るために、脳から肌にメラニン色素を大量に生成するよう指令が出されます。

 
その結果、実際に日に当たって日焼けした肌とは無関係な日に当たってない肌まで黒く変色したり、シミやソバカスができたりするということです。
普段隠れている肌が黒くなったときは、この話を思い出してください。

 
一生懸命顔やボディに日焼け止めを塗って、しっかり防御しているつもりでも、日の当たらないところが日焼けするんですね。
紫外線がキツそうな日に、外にいる時間が長い場合は、必ず目のUV対策もするようにしましょう。

【目の紫外線対策】

紫外線から目を守りましょうという話をしましたが、目の悪い人は、UVカットの眼鏡、コンタクトレンズを、目の悪くない人は、UVカットのサングラスを使いましょう。
それに加えて、帽子やUVダメージケア用の目薬などを併用するといいでしょう。
また、食生活で、紫外線に強い身体を作ることもできますので、食材にも工夫をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です